なぜ高く買い取れるの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

複数の買取店を比較した時、査定額にかなりの差が出ることがあります。同じ条件で比較しているのに、なぜ高い査定額を提示する店と、安い査定額になる店があるのか?これについては、バイク買取をしている店のシステムに違いがあるからです。

一般的に買い取ったバイクは、修理や点検をした後中古バイクとして販売されます。年式が新しいバイクは高い査定がつくのも、中古バイクとして需要があるからです。年式やバイクの状態により査定額が変わるのは、売る時のことを考えて査定額を決めているというのも理由のひとつです。

バイクの買取をしている店の中には、バイクの買取から中古バイクの販売まで、すべて自社でまかなっているところがあります。中古バイクの販売をしておらず、買取だけを専門にしているところは、買い取ったバイクをオークションに出しますが、この時中間マージンがかかります。中古バイクの販売まで一手に引き受けている店は、中間マージンがかからないため、その分を査定額に還元できます。

これが高い買取額を提示できる理由です。バイクを買い替える時、できるだけ高く買い取って欲しいなら、バイクの買取から販売まで、一手に引き受けているところを選ぶのがおすすめです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket